2019年11月26日火曜日

時化を乗り越え、水中イルカ!

11月も終わりが近くなり、風が強い日が多くなってきました、
21日からは曇りから雨、東風がビュービュー、
海には出られましたが、かなり限定された中でのポイント選びとなりました。

それでも海中は透明度は20〜30m、
水温26〜27度と快適。







ヒオドシベラの幼魚、ピグミーシーホース等のマクロも楽しめました。

しかし、21〜24の4日間はイルカに全く会えず、
4日間でイルカなしというのは今季初、強風で探す範囲が限定されたとはいえ
24日お帰りになるゲストには、非常に残念な結果になってしまいました。

25日はやっと穏やかに、そして、ようやく出てくれました!



エントリーしてすぐに7頭のミナミハンドウイルカ登場!
父島での滞在が本日までのゲストにギリギリお見せ出来て良かったです。

その他、コクテンカタギ群れ、ウメイロモドキ&クマザサハナムロ大群、
ロウニンアジも見られました。




安全停止中は、カツオドリが海中のダイバーに興味津々、



最後になって盛り沢山の見所を楽しめました。

明日からしばらくボートを上げて整備、ツアーはお休みになります。

気温28度 水温25〜27度 透明度20〜30m

1 件のコメント: