2019年9月18日水曜日

強風&土砂降りの中で!

前回の台風以降、12、13日は一旦は落ち着き、
シロワニ、ドルフィンスイム等楽しめました。




しかし小笠原近海は熱帯低気圧だらけで、
14日の入港日以降は強風&土砂降りの雨!
ポイント間の移動は波も高く大変でしたが、
透明度、水温もまずまず高く、
15、16日はなんとか2ダイブづつ楽しめ、
合間にハシナガイルカに会うことも出来ました。





あわや全面中止かと思われましたが、
17日まで無事に潜ることが出来てほっと一息、
厳しい海況の中、みなさんどうもありがとうございました!

20日入港便は、直接台風の影響はなさそうですが、
沖縄付近の熱低が、少々気になるところですね。

気温30度 水温25〜27度 透明度20m

2019年9月12日木曜日

往復48時間、滞在24時間!

台風15号の影響で、おがさわら丸の東京発が2日遅れ、
10日14:20到着し、11日出港15:00のスケジュールに、
一便滞在の場合、往復48時間の船旅で、こちらでの滞在は約24時間!
大半のゲストはキャンセルになりましたが、
それでも来てくれた方もいました!

10日は到着後に1ダイブ、11日は出港前に2ダイブ、
水温27度 透明度30mの絶好のコンディション、
合間にイルカにも会えました。







短い滞在になってしまったゲストにも、
なんとか小笠原らしさを紹介出来ました。
せっかく良いコンディションなのに残念!
また機会がありましたら是非お越しください。

気が付けば、小笠原周辺は台風が続々と発生する気配が、
遠征は無理ですが、父島周辺のコンディションはかなり良いので、
長い滞在のゲストと、海況が良いうちに楽しんで来ます!

気温30度 水温25〜27度 透明度20〜30m

2019年9月5日木曜日

雨の中でも

天候、海況がやや不安定な4日間でした、
東風がやや強く、時折雷雨も、ケータ方面は難しく、
父島周辺で島影中心に潜っていました。







シロワニはまだ2匹が居てくれました、
このまま秋も居てくれれば、今年は通年見られるかも。




イルカはハシナガイルカが、
残念ながらミナミハンドウとのスイムは出来ませんでした。




明後日は台風15号が通過しそう、
次便のおがさわら丸に影響が出ないといいのですが。

気温30度 水温24〜26度 透明度20m

2019年8月31日土曜日

イソマグロ、シロワニ健在です!

8月も終わりです。

透明度、水温共に高い方で安定してきました、
ドブ磯の水面付近では、コバンアジの大群。



例年では少なくなるイソマグロもまだまだ多い、
閂ロックではまだ50匹以上が、



ケータ嫁島のマグロ穴は、100匹以上が見られます。


シロワニも鹿浜では3匹、




イルカも連日泳げてきます。



やや風が出てきましたが、海況、水温、透明度ともに良好、
ベストシーズン継続中です。

気温31度 水温25〜28度 透明度20〜30m

2019年8月25日日曜日

夏のベストシーズン復活!ユウゼン玉まで

いい凪が続きました、
21日はゲスト到着後、すぐに閂ロックへ、イソマグロは50匹ほど、



22日はケータ嫁島へ、イソマグロは150〜200匹と全盛期並に!



その他も、ギンガメアジ、シロワニ、ツムブリ、マダラエイ、
ハシナガイルカ、ミナミハンドウイルカ等、
オールスターが迎えてくれました。







23、24日の父島周辺も魚群が凄かった!
イソマグロ、ウメイロモドキ大群の他、
コバンアジ、コクテンカタギ、ユウゼン玉まで!





ヒメイトマキエイも登場!


水温、透明度共に上昇!ベストシーズンの海が完全復活です。

気温30度 水温25〜28度 透明度20〜30m

2019年8月22日木曜日

ベタ凪に!久々のケータへ

やっと夏の凪が戻って来ました!

19日は出港してすぐにハシナガイルカ&ミナミハンドウイルカ、
そのままドルフィンスイムへ!



父島周辺はまだ濁りが残って水温は24度ほどと、やや冷たいですが、
シロワニが3匹、


その他、アオウミガメ、マダラエイ、ツバメウオの群れなど見られました。

20日は久々のケータ遠征へ、
こちらは水温26〜28度、透明度30mと絶好のコンディション!
イソマグロも60〜70ほどいました。






ドルフィンスイムも出来ました、




しばらく台風の影響もなく、凪が続きそうです。

気温30度 水温24〜28度 透明度20〜30m

2019年8月20日火曜日

台風一過の海へ

台風10号のおかげで、お盆のピークにおがさわら丸欠航、
島に残ったゲストも、一週間も海に出られませんでした、
お会い出来なかった皆さん残念です、次の機会に是非!

まだかなり荒れている中、15日に1日遅れで新しいゲストが到着、
以降は、まだうねりと濁りが残る中でしたが、海に出られました。







台風が西側を通過したため、主に東側のポイントヘ、
限られた範囲ですが、ドブ磯等の主要ポイントにも入れ、
10頭以上のミナミハンドウイルカとのスイム、
最終日の午前中には、ハシナガイルカの群れにも会えました、
荒れる中、頑張って来島してくれた方々に、
何とか小笠原らしい海を紹介出来て良かったです。

昨日あたりから海はすっかり落ち着きました、
これからしばらくは安定しそうです。

気温30度 水温24度 透明度20m