2020年7月7日火曜日

ケータ嫁島へ!

3日に自粛開け最初のゲストが到着、
到着日にチェックダイブをして、翌日4日はケータ嫁島へ、
イソマグロは100匹以上、イルカも登場!





合間にはドルフィンスイムも出来ました




5日は父島周辺で3ダイブ、内閂ロックで2連続ダイブ
ギンガメアジ、イソマグロ、マダラエイ、マダラトビエイ、
最後の砂地でウシバナトビエイも!




合間に南島上陸も出来ました。


6日午前中はリクエストのシロワニ、
2ヶ所で5匹、2匹と、計7匹も!






水温が低め(22〜24度)でしたが、
ベストシーズンの見どころはほぼ全てカバー
自粛解除後初のゲストの方々に、小笠原を満喫していただけました。

気温31度 水温22〜24度 透明度15〜20m

2020年7月1日水曜日

自粛期間終了です!

小笠原の自粛期間は6月いっぱいで終了、
7/3入港便より、ゲストの受け入れを開始します。
今日は海の様子を見てきました。

やや南風が強いものの、概ね海は穏やか、
これからの時期メインで使う、閂ロックで潜ってきました。






イソマグロ、ギンガメアジの群れ、マダラエイ、マダラトビエイ等、
大物のオンパレードでしたよ!

南島周辺をひと回り、ハシナガイルカの群れにも会えました。







夏の小笠原、全開!の景観でした。

3日入港の皆さん、海良さそうですよ、お楽しみに!

気温30度 水温22〜24度 透明度15〜20m

2020年6月17日水曜日

梅雨明けです

自粛期間が続いている小笠原ですが、梅雨も明けて、
毎日いい天気が続いています。

今はアオウミガメの産卵が一番多い時期、
朝浜を散歩していると、海へ帰るカメに出会うことも、





湾内のエダサンゴには、産卵前のカメが休憩しています、




今月の頭から始まった、自粛期間解除に向けての、
島内遊歩道整備の事業に参加していました、
暑い中での陸作業はなかなかキツイのですが、
普段は見ることがない、夏の山からの絶景が見事!




山のガイドの方々との交流も出来て、楽しい経験になりました。

自粛解除まであと2週間と少し、
準備万端でお迎えしますよ!


2020年5月22日金曜日

自粛期間と夏のご予約について

コロナもようやく落ち着いてきて、自粛解除の地域も出てきましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

小笠原の自粛期間ですが、6月末までとなりました、

6月末まで、不要不急の来島、上京の自粛をお願いします 小笠原村

医療設備に乏しい離島ゆえ、もう一月ほどかかってしまいまいますが、
ご協力をお願いいたします。

また、夏のおがさわら丸の運行ですが、当初の予定より、
便数を減らしての運行となります、
こちらをご覧ください。

7/15〜8/22期間一部運休と席数制限のお知らせ 小笠原海運


またダイビングのご予約については、
7/2東京発便よりお受けしておりますが、
コロナ対策をとった上での受け入れ体制となります、
皆様にも色々ご協力をいただく形になると思いますが、
こちらはガイドラインを作成し、お知らせいたします。


よろしくお願いします。

2020年5月1日金曜日

コロナ禍のGW

引き続き自粛期間中の小笠原です。

昨日はGW便のおがさわら丸が到着しましたが、
乗船者数は20名、例年の2〜3%位でしょうか、
自粛のお願いを守っていただいて感謝です。

天気は雨模様、ガラガラのおが丸が入ってきました。





船客待合所も街中も閑散としています。






都内の感染者数は減ってきているようですが、油断は出来ず、
小笠原の自粛期間も5月末までの延長となりました、
早く収束に向かってくれることを願うのみです。

2020年4月7日火曜日

営業自粛のお知らせ(〜5/9)

現在、東京都内では新型コロナウイルスの感染が拡大しております、
小笠原では、感染者は確認されてはおりませんが
島内の医療設備は充分とは言えず、感染を確定出来る体制もなく、
疑いがある方への処置にも、制限がある状況です。

この状況では、通常の営業を続けるのは困難であると判断し、
突然で心苦しいのですが、GW期間を含み、
5/9まで営業を自粛させていただきます。
(この期間は暫定的で、状況によっては延長の可能性もあります)



これは、小笠原だけでなく、ゲストご本人、
広くは社会全体を守ることに繋がっていくという考えのもと、
当方だけでなく、父島の全ダイビングサービス合意の決定です。



すでにご予約をいただいている方々も多数いらっしゃいましたが、
急なお願いにもかかわらず、皆さんご協力いただき、本当に感謝しております、
安全に来島していただける時期になりましたら、是非また計画して下さい!


ご理解、ご協力のほどをよろしくお願いいたします。

2020年3月30日月曜日

3月無事終了しました

コロナウイルスの影響で、3月後半はキャンセルが相次ぎましたが、
こんな中でも、リピーターを中心に少数のゲストが来島してくれて、
約2週間、毎日海に出ていました。

海況悪化!の日もありましたが、中止にはほとんどならず、
透明度、魚影、共に良かったです。









クジラ&イルカも元気一杯!






そろそろだと思っていたユウゼン玉ですが、
残念ながら見られず、まだこれからですかね〜


残念ながらキャンセルになってしまった方々が多かった3月ですが、
ダイビング、クジラ&イルカ共に好調な日々でした、
お会い出来なかった皆さん、コロナが終息しましたら、
また是非計画して下さいね!

気温23度 水温21度 透明度20m

2020年3月20日金曜日

時化を乗り越え

春は天気、海況共に変わりやすい季節ですが、12、13日は比較的穏やか、
ブリーチ連発のクジラ、シロワニ、ハシナガイルカ等楽しめました。






どうもおがさわら丸がやって来ると、海が時化るパターンになってしまったようで、
14日の入港後は雨〜風ビュービューで海況悪化、
それでも中止にはならずに、島影、湾内で、
ちょうど穏やかな場所にマンタが3匹!スイムも出来ました。



毎回時化に悩まされるパターンになってきましたが、
見所はきっちり楽しめていますよ。

気温23度 水温21度 透明度20m

2020年3月14日土曜日

コロナに負けずに

小笠原も、コロナウイルスの影響でキャンセルが相次いできましたが、
8日からは、リピーター学生さん達のグループが、
はるばる九州から来てくれました。

やや風が強かったものの、透明度は良好、
クジラもシロワニも楽しませてくれました。








世間の自粛ムードも、海に出てしまえば関係なし!
皆さん元気に小笠原の休日を満喫していました。

気温23度 水温21度 透明度20m

2020年3月8日日曜日

ブリーチ大会!

天気、海況に恵まれた4日間、クジラは変わらず凄い数、
3日は風がやや強かったためか、そこいら中で跳びまくっていました。







ダイビングは海況が良かったため、かなり広範囲のポイントへ、
シロワニは2箇所で、それぞれ4匹、3匹、
マダラエイ、アオウミガメ、ヒレナガカンパチの群れ等、






ハシナガイルカにも最後に会うことが出来ました。

3月に入りましたが、クジラ、シロワニ共にまだまだ好調ですよ。


気温22度 水温21度 透明度15〜20m