2019年2月19日火曜日

2/15〜17

入港日15日は穏やかでしたが、16は風ビュービューで午後から時化に、
こんな日はクジラも活発になってあちこちで飛びまくり!
しかし、あまりにも凄い風と波で写真は撮れませんでした。

ダイビングは島影選んで、問題なし、
透明度も良く、ツバメウオの群れが良かったです。

この群れのすぐ向こう側をクジラが通過したそうです、
見れず残念!

翌日17日は穏やかに、
東側で子クジラが元気に跳んでくれました。




東島周辺の穏やかなエリアに7、8頭が、
うねり、波共にほとんどなかったので、じっくり楽しめました。

ダイビングはシロワニ、アオウミガメ、ヒレナガカンパチ等




合間にはドルフィンスイムも出来ました。

時化の日もありましたが、クジラ、イルカ、シロワニと、
この時期の見どころをきっちり楽しむことが出来ました。

気温22度 水温21度 透明度20m

2019年2月13日水曜日

2/9〜11

おがさわら丸入港日9日は、ダイビングではいきなり水中イルカ!
ザトウクジラはブリーチング、


ハシナガイルカまで見られて、
到着日の半日で全てが登場する最高のスタートでした。

それにしてもクジラが多い!
丸1日海に出ていると、何頭出会ったのかわからない位です。




11日は海況が良くなったのでサンセットまで、




ダイビングも、初日の水中イルカに加えて、
シロワニ、ヒレナガカンパチ、カッポレの群れ、アオウミガメ等、







12日は冬の時化が戻ってきて中止になってしまいましたが、
海況が良いと、この時期は本当に盛り沢山ですね!
海中もボート上も、息つく暇もなく見どころが続きますよ〜

気温22度 水温21度 透明度15m

2019年2月8日金曜日

クジラの数はピークに!

おがさわら丸のドックも終わり、通常運行になりました。

ザトウクジラの数はピークを迎え、出港して最初の一頭を見つけるまで、
10分もかからないようになってきました。






ダイビングの方はウメイロモドキの群れにヒレナガカンパチ、
アオウミガメにシロワニと、こちらも賑やか、





海況が良い日は、サンセットにも。



海上、海中ともに賑やかになってきたした、
もう一つのベストシーズン、スタートです。

気温22度 水温21度 透明度15m

2019年1月26日土曜日

クジラだらけになってます!

おがさわら丸ドック中で観光客はほとんどおらず、島内は閑散としています。
しかし、ザトウクジラの数はピークに近くなってきました!






港を出てすぐの場所で、親子クジラに付く5、6頭、
計7、8頭のクジラがボートの周囲をグルグル、
1時間以上も楽しませてくれました。

ブリーチングも連発!





その他にも、あらゆる行動を見せてくれました、






いよいよザトウクジラのベストシーズン突入です!

気温20度 水温21度 透明度20m

2019年1月16日水曜日

1/13〜15

風がやや強い日もありましたが、ダイビングには問題なし、
小物から大物まで、この時期ならではの見どころを全て楽しめました。








閂ロックはウシバナトビエイ、マダラトビエイが群れで、
ギンガメアジの群れも良かった!




イルカ&クジラも連日見られ、
ミナミハンドウイルとスイムも出来ました。


シロワニ、ウメイロモドキ大群、ウシバナトビエイ、
ザトウクジラにドルフィンスイムまで、
この時期は海況が良いと、ここまで楽しめますよ!

本日出港日よりおが丸はドックへ、
次回の入港は2/3で、それまで本土からのゲストはいませんが、
海況が良い日は、クジラ目的に海に出ようと思います。

気温20度 水温22度 透明度20m

2019年1月4日金曜日

年末年始便無事終了です!

2019年スタートです、
今年もよろしくお願いいたします。

12/30日に年末年始を小笠原で過ごすゲスト到着、
強い冬型気圧配置のおかげで北風ビュービュー、
ポイント選びに苦戦しましたが、ダイビング中止の日はなく、
1/3の出港日まで無事に終えることが出来ました。






例年より水温は高めで23度、透明度も25mほど、
水中のコンディションはかなり良好でした、
湾内のシロワニも、いつもよりクリアな中で楽しめました。




イルカ&クジラも連日
水温が高めのせいか、ザトウクジラは例年より少なめでした。






海況は悪い中でしたが、
なんとか小笠原らしい年末年始を紹介出来てよかったです、
皆さんどうもありがとうございました。

気温20度 水温23度 透明度20〜25m