2019年8月22日木曜日

ベタ凪に!久々のケータへ

やっと夏の凪が戻って来ました!

19日は出港してすぐにハシナガイルカ&ミナミハンドウイルカ、
そのままドルフィンスイムへ!



父島周辺はまだ濁りが残って水温は24度ほどと、やや冷たいですが、
シロワニが3匹、


その他、アオウミガメ、マダラエイ、ツバメウオの群れなど見られました。

20日は久々のケータ遠征へ、
こちらは水温26〜28度、透明度30mと絶好のコンディション!
イソマグロも60〜70ほどいました。






ドルフィンスイムも出来ました、




しばらく台風の影響もなく、凪が続きそうです。

気温30度 水温24〜28度 透明度20〜30m

2019年8月20日火曜日

台風一過の海へ

台風10号のおかげで、お盆のピークにおがさわら丸欠航、
島に残ったゲストも、一週間も海に出られませんでした、
お会い出来なかった皆さん残念です、次の機会に是非!

まだかなり荒れている中、15日に1日遅れで新しいゲストが到着、
以降は、まだうねりと濁りが残る中でしたが、海に出られました。







台風が西側を通過したため、主に東側のポイントヘ、
限られた範囲ですが、ドブ磯等の主要ポイントにも入れ、
10頭以上のミナミハンドウイルカとのスイム、
最終日の午前中には、ハシナガイルカの群れにも会えました、
荒れる中、頑張って来島してくれた方々に、
何とか小笠原らしい海を紹介出来て良かったです。

昨日あたりから海はすっかり落ち着きました、
これからしばらくは安定しそうです。

気温30度 水温24度 透明度20m

2019年8月8日木曜日

台風連発!

7月は良い海況が続きましたが、8月に入ってからは台風連発!

4日に通過した台風8号は大したことなく、中止はこの一日のみでしたが、
水温が異常に低い!21〜23度!
ウメイロモドキの大群が見事でした。




イソマグロ、ギンガメアジ、マダラエイ、アオウミガメ等の
大物達にも会うことが出来ました。

水温低いおかげか、シロワニもまだ、





7日には、すでに台風9号のうねりが入り始め、
下に控える10号の影響により、9日以降海況は絶望的な予報、
ゲストは、7日父島発のおがさわら丸でお帰りになりました。



8/9東京発はお盆のピークの便でしたが、残念ながら欠航、
13日発の便も怪しい状況になってきました、
お会いできなかった方々、残念です!

明日からはしばらく海はクローズとなります。

気温30度 水温21〜23度 透明度15〜20m

2019年7月31日水曜日

群れ&大物ラッシュ!

風がやや強くなってきましたが、海況は概ね良好でした。

28日のケータ嫁島は凄かった!
イソマグロ100以上、巨大ロウニンアジ、
カッポレ&ヒレナガカンパチの群れまで。





合間にはドルフィンスイムも出来ました。



父島周辺も群れ&大物は好調!
閂ロックでは、ギンガメアジ&イソマグロ






ウメイロモドキの大群も、数カ所のポイントで、いい感じでした。




水温は相変わらず低いままですが、
群れ&大物は例年以上に当たっています!

風がかなり強くなってきました、明日以降はしばらく遠征が難しそうです。

気温30度 水温23〜25度 透明度15〜20m

2019年7月27日土曜日

熱低の影響が、しかしイルカにマンタ!

小笠原近海で熱帯低気圧発生、ケータ遠征は出来ませんでしたが、
父島周辺で色々楽しめました。

弟島、鹿浜のシロワニ、まだ見られています。




今年はマンタも多い!スイムで2回、
ダイビング中にも1回会えました。



ダイビング中のイルカも2回、スイムも出来ました。




水温は未だ低いまま(22〜24度)ですが、
魚群&大物は好調のままです。






風とうねりが出てしまい、ケータ遠征は叶いませんでしたが、
父島周辺でも、この時期の小笠原らしさを存分に楽しめました。

気温30度 水温22〜24度 透明度15〜20m

2019年7月24日水曜日

ベタ凪が続きます、南北秘境へ!

この5日間も晴天、ベタ凪続き、
南は母島、北はケータ北の島まで遠征してきました。









水底の覆う傷一つないサンゴ、絨毯のような根魚、
壁一面のアカイセエビ、中層には魚群&大物と、
両方とも手付かずのポイントがまだまだ沢山、
フレンドリーなイルカとドルフィンスイムも出来ました。

父島周辺も絶好調!ドブ磯&閂ロックが凄かった!










閂ロックのイソマグロの数は70〜80位、
ドブ磯では、巨大なロウニンアジにハンマーも見られました。

水温がまだ低め(23〜25度)なのですが、
魚影、大物は例年より当たりが多いですよ!

気温30度 水温23〜25度 透明度15〜25m

2019年7月19日金曜日

土砂降りからベタ凪へ!

7月のピークに入り、しばらく滞ってしまいました、
ここ10日ほどの出来事をまとめてアップします。

9〜11日は連日土砂降りの雨!
ケータ遠征は出来ず、父島周辺の限られた場所のみになってしまいました。






それでも、イソマグロの群れ、ウメイロモドキ大群、アオウミガメ等、
海況が悪い中でも、小笠原らしさの一部はなんとか紹介することが出来ました。


15日入港便からはベタ凪に!
ゲストはリピーターのみ、初日から閂ロックでイソマグロ60〜70匹!




16、17日は両日ともケータ嫁島へ





イソマグロは100匹以上、コクテンカタギ、ムレタハハテダイ大群、
ユウゼン玉まで見られました。

イルカはハンドウ、ハシナガ共に見られました。




18日は何とシロワニ6匹!



夏の時期でこの数は異例の出来事です!


それにしてもこの10日間は、海況の悪い時と良い時の差が激し過ぎ!
水温も21〜28度と、連日コロコロ変わっています、
前半のゲストの方々は残念でしたが、機会出来ましたらまた是非お越しください。

沖縄の台風の影響で、小笠原にもうねりが入ってきました、
本日からは父島周辺で潜ってきます。