2018年6月19日火曜日

6/16〜18

梅雨前線の影響でまた風が強くなり、時折横殴りの雨も、
そんな中でも海に出れば素晴らしい出会いが!




ボートを係留するブイのすぐ下に巨大なシロワニ!
ゆっくりした動きで、全員目の前で見られました。

土砂降りの雨の中でしたが、10頭以上のミナミハンドウイルカとのスイムも!




その他、ツバメウオやウメイロモドキの群れ、
アオウミガメも見られました。






かなり厳しい天気と海況でしたが、
頑張った甲斐がありました〜!

梅雨明けはまだか!

気温30度 水温22〜23度 透明度15〜20m

2018年6月17日日曜日

6/13〜15

台風後はうねりが少し残りましたが穏やかに、
ロング滞在のゲストと、群れ、大物、イルカを狙ってガイドしてきました。







ドブ磯、閂ロック等、父島周辺の主な大物ポイントを押さえ、
合間にはハシナガイルカ、ミナミハンドウイルカとのスイムも出来ました。

ケータ方面はまだ難しそうですが、
父島周辺でも、大物&イルカは十分楽しめる季節です。

本来ならベストシーズンが始まっているはずなのですが、
今年は雨が長引いていますね〜
また2、3日雨の日が続きそうです。

気温30度 水温22〜23度 透明度20m

2018年6月12日火曜日

6/8、9 台風接近前に!

まだ6月だというのに台風5号が接近!

8日到着日はいい天気で海も凪、
先日まで低かった水温も、23〜24度まで上がってきました。
これで明日からは!と意気込んでいると、
おがさわら丸繰り上げ出港のアナウンスが!

残された日は9日一日のみ、
ゲストの予定も繰り上げてファンダイブ、体験ダイビング、
リフレッシュコースまで、この日まとめて出発!

まずは兄島、滝ノ浦でファンダイブと体験ダイブ、
水温、透明度共に上がり、上々のコンデシション、
体験、リフレッシュの方も問題なく楽しんでもらえました。

その後は南島周辺へ、ミナミハンドウイルカとドルフィンスイム!



少々波が高い中でしたが、10頭以上のイルカと泳げました。


上級者のみの閂ロックでは、イソマグロは50位、
ギンガメアジの群れ、マダラエイも見られました。





風が強くなってきた午後は二見湾に戻って洲崎の沈船、
シロワニが登場!リフレッシュダイバーが発見してくれました。

一日しかない中、レベルもバラバラでどうなることかと思いましたが、
タイミングよくイルカも大物も登場、皆楽しんでくれてよかったです。

台風は大したことありませんでしたが、
ツアー再開は13日頃になりそうです。

気温30度 水温23度 透明度20m

2018年6月7日木曜日

6/2〜4 マンボウスイム!

完全に夏の陽気になって来ました!
水温はまだ21〜22度ながら、群れは今回も好調!





イソマグロ多くなりました!
父島周辺のポイントでも、80〜100位見られています。

今回の目玉は、何と言ってもマンボウ!


タコ岩でのダイビング後、背びれを出して泳いでいるのを発見、
最初はなかなか寄れませんでしたが、何度もトライしてなんとか撮れました。

こんな姿ですが、本気で泳ぐとメチャ速いんですよ、
何年かに一回位、水温が低い時期に見かけますが、水中で撮れたのは初、
低水温が続く中の、最高のプレゼントでした!

一回だけでしたが、ドルフィンスイムも
定番のカメも見られました。




明日は入港日ですが、熱帯低気圧の影響が出て来そうです。

気温30度 水温21〜22度 透明度15m